カテゴリー「FF11 アサルト」の記事

2/21 ナイズル進行100層

Naizl01 LSでナイズルをやっていたんだけど、自分は遅れていたのでりゅーさんと階層が同じなので最近一緒に進めてもらってた。
この悪の組織の女幹部みたいなのがりゅーさんですが。

ナイズルはいいことも悪いこともあって、最近だとアビセアあるとなかなか時間がみんな取れなくて、結構昔からやっていたのに進めれなくて一時期かなり落ち込んでいたんだけど、やっと百層が見れるようなところまで来たのできゅーさんとかなおさんとかえあさんにかなり泣きついて進めてもらった。
実は去年の後半あたりLSでナイズル進めてて、階層の差がついてて先行の人らが100層先だから、それを進めてそのあとに進んでない人にって言う話になって、それでいて進行に人が足りないのに赤で呼ばれたり、なんかLSでやるときに人が足りないときに赤で呼ばれたりするのに、LS会話だと「ナイズル60層全員超えた」なんて聞こえてきたりしたときは正直なところ本当にきつかった。

そのあと姫に赤で型紙取り呼ばれたときは流石に頭にきて「竜なんかどこでも出せないから仕方なくエンドコンテンツ用に赤上げただけで、いっつもいっつも赤やりたくて赤やってんじゃない」つってキレたのは悪いことしたと思うけど、あのころが一番最悪だったな。
100層いったからいまじゃ笑い話だけどあの時はごめんなさい。でも竜出したいとは言わないけど毎回後衛は無理です。

赤は愛憎両方あるんで、一概に嫌いとも言いがたい。
赤がない11やってたら75時代ミッションもクエも進まなかったのも事実だけど、だからといって愛着があるわけでもなし。
11やめた人間が「11で時間無駄にした」とか「マゾゲーだったなー」なんていってるけど、「ヴァナは面白かったな」みたいな矛盾ある感情、みたいな感じなんだろかってきゅーさんに話したりなんかして。
昔LSで一緒だったペイさんも竜メインと聞いたようなことがあるけど「エンドコンテンツじゃごみ扱いだからね、後ろで槍投げてろ、みたいな」みたいなこといってたな。

ナイズル装束はともかくとして雲蒸竜変が撃ちたかったんで。やっぱり乱獲とかにいくと強いリューサンがいて4000とか出してるの見ると撃ちたくなる。
踊も上げていたのでエヴィサ→ピリックレオスの一人闇連携なんかもあこがれの的だったな。

Naizul02ナイズル自体は90キャップになって3人でも進められる感じだけど、やっぱり殲滅が多いと3人だと駄目なときがあって、4人以上がいいみたいでLSで人がいるときに寝る前とかに1日2回とか進めてもらってたけどようやく100層に到達することができた。

グローランスは前に貰っていたので、えあさんのメイジャン手伝いのときに光連携しまくって100層の時点で潜在はずれてて、100層で貰った短剣のマインゴーシュのほうはきゅーさんとかりゅーさんにアビセアでトリガー取りのときに潜在外しをしてもらってどっちも撃てるようになった。

雲蒸もピリックレオスの闇連携もどっちも強くて、踊の闇連携はソロのときの削りがダンチに違ってかなり満足。

Naizul03 なんか前半すごい愚痴めいた日記になったけど、ヴァナも望んだジョブを望んだときに出せないってのだけはどうしても変わらないのでたまに嫌になることがある。
これだけは変わらないかな。
その辺弱点係とかでうまく調整してもらうとよかったんだけど、コルセアさんとか学者さんとかもうアレだし、ナイトだってカウンターと違って与TPの関係で盾役をモンクや戦士に取られて、ってのもあるしうまくいかないもんだなぁ、と。

でも結果的に竜と踊の武器貰ったし、100層もクリアできたし、で一時期のわだかまりも消えました。
100層まで付き合ってくれてありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/14 二等傭兵アサルト 「皇国エージェント救出作戦」

一等傭兵になってるんだけど二等傭兵でやり残してる難関、皇国エージェント救出作戦に行ってみた。
運の要素も絡む二等傭兵で難しいアサルトだ。

皇国エージェント救出作戦
----------------------------
作戦目標 エージェントの救出
募集要員 レベル60 3~6人
作戦指令 敵の秘密訓練所に潜入した我が国のエージェントが
      捕らえられた。情報によれば、近いうちに彼は蕃都に
      移送され訊問されるようだ。
      国家機密を守るため、アサルト要員はただちに
      訓練所に潜入。エージェントを救出せよ。
作戦戦績 3300
----------------------------

まずはLSのメンバーに声をかけて5人で第一戦に突入。扉を壊しきれないで時間切れ。
このアサルトは捕虜が囚われてるのを救出するという内容なのだけど、扉を壊すのが敵のWSを避けて?扉に当ててなのでうまくいかないことが多い。
武器を持っているマムージャを釣ってきて扉前でWS誘発してなのだけど、味方のWSやクリティカルでマムージャの武器が壊れるようだし。

2回目に突入して2、3に分かれて再チャレンジした。二人のほうはナ赤で、三人のほうはシ白赤。
杖か片手斧を持ってるマムージャを扉前まで釣ってきて盾が扉前に立ってひたすら殴って敵のTP貯める。

ファイヤースピットやアックススロー、ステーヴトスを誤爆するとダメージを扉に与えられるのだけどコレがなかなか当たらない。
扉にもミスるのでブラインフラッシュはやらないほうがいいらしい。
シ盾でマンボマンボてのがいいと聞いたのだけどどうなんでしょね?

自分のところはナ盾だったけど、チョコチョコ建ち位置を変えたのだけどなかなか難しい。
これといってバシっと位置が決まるでもなくやっぱりランダム要素がきついのかなー。
味方が避けてないと思うけど扉は壊れたので6人総出でクリア目的で3、3で分かれて数こなすほうがいいのかな。

Koukoku01 ちょっと自分がリンクさせてかなりのピンチに陥ったけどしーさん(ナ)の土俵際マジックで3つの扉を本当に時間ぎりぎりで破壊してクリアできた。先に出口に走ってもらってたからクリアできたくらい。
3つある扉の中で最後のってことでやっぱり運の絡む難しいアサルトだと思う。
こういうプレイヤーの努力の介在しない運要素のってのはどうかと思うんですがクリアできてよかった。

←時間切れ間際で盾のところにありったけ持ってくるの図。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/7 一等傭兵アサルト 「ラミア13号討伐作戦」

Ramia01 前々からアサルトの階級上げてルフザリングとマムージャベーンが欲しかったので一等傭兵アサルトのラミア13号討伐作戦に行ってきた。
これは結構人気のアサルトらしく、毎夜パーティ終わった時間やミッション終わった時間と思われる寝る前に「ラミア1戦、2戦どうですかー」のシャウトが結構流れてる。
が、いきなり未経験ですで飛び入りも怖いのでLSのしーさんときゅーさんとで突撃した。

ラミア13号討伐作戦
----------------------------
作戦目標 ラミア13号の討伐
募集要員 レベル70 3~6人
作戦指令 死体を弄って禍々しい実験を繰り返していることが知られ、
      皇国兵士の間で恐れられているラミア13号。
      不滅隊より、そのラミアを発見したとの連絡が入った。
      アサルト要員はただちに現地に急行し、ラミア13号を討伐せよ。
作戦戦績 3600
----------------------------

中に入るとラミアをまず探すことになる。
ラミア1体と魅了された皇国軍兵士(フォモル)3体がセットで移動しているのでこれをまず見つけることになる。ラミア達は結構な速度で移動してた。

ラミアを発見すると魅了された兵士を正気に戻らせてラミアと戦わせるという風になる。
今回は赤2、詩で挑戦。

えー、死にました。wikiに最初に会ったときに印プガ入れて魅了解除と書いてあったのだけど、これでタゲ外れなくてケアルヘイトとかもあってなかなかはがれなくて死亡。
きゅーさんが粘ってリレしたあとに立て直したけど、時間切れ。
スリプガするのは罠なようで、プロマシアミッションのときもそうだったけど、Google検索して一番上のサイトでも案外情報古くて当てにならないことがあるよう。

話を聞くと最初にプガしないでもいけるということなので2回目に挑戦。
受け持ちでフォモルV、フォモルT、フォモルWを一人1体ディスペル、フィナーレで分担を決めて魅了解除して、タゲ取らないようにフォモルにケアルして放置。

wikiにはベリーダンスで魅了は数回あるかどうかみたいなことを書いてあったけど換わったのか2分に1回くらいは使っていたような気がする。

Ramia03_2  ヘイトでタゲを取らないように高レベルのケアルは使わない、タゲられたらたげられた人間以外が回復、ベリーダンスの範囲に入らないために遠めに位置どるを気をつけると楽なアサルトだった。味方のPCが魅了されるというのも2回目はなかったのだけど、一応あるとスリプルしてディスペルになる。フォモルは魅了されたら寝かしいれずにディスペルしてた。
結構フォモルがヘイトを稼がないのか、ディスペル数発、ケアルIII数度で自分にタゲが来たことがあったのでそれだけ注意点かもしれない。

Ramia02 フォモルがラミアに止めをさすと終了。アサルトだから30分以内だけどちょっと時間のかかるアサルトだった。

ちなみにきゅーさんがいうには召還獣は魅了されないので獣や召還(サポ赤)でいくと時間が短縮されるそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)