« 11/10 照英△ | トップページ | 11/27 突撃!隣のモグハウス Part1 »

10/28 シュトヘル(惡靈)

ちょっと古い記事ですが伊藤悠さんのシュトヘルの5巻が10月の末に出てました。

伊藤さんというと、皇国の守護者の漫画化で有名ですが、諸般の事情により原作小説は途中で終わって無いし、漫画のほうもいいところで「俺たちの戦いはこれからだ」的な終わりかたをしています。
原作小説で主人公が仕官としてノリノリで絶望的な戦力差の相手に奇計姦計を巡らす、なんてところが漫画化されていないのは凄く残念なんですが。

そんな伊藤女史のオリジナル作品で現在連載中なのがシュトヘルです。

どんな話かっていうと時代がチンギスハーンのころで、モンゴル軍によって攻め滅ぼされる西夏国のお話です。そのあとに金に攻め入るとかの方が有名で、実際のところ西夏って国があるっていうのも知らなかったですが、タングート(チベット族)の国で、霊州(今の寧夏)らへんにあった国だそうです。
漢字ではない、独自の西夏文字を使っていたとか、それが話の中心になる点です。

話のほうはいまどきのチャラい高校生の須藤君が毎日見るリアルな悪夢から始まります。どこか知らない昔の国の戦争の夢を毎夜みるという。
同級生と行ったカラオケの席で地味な転校生のスズキさんと会って、終電ないのでってことで悪友に「あとでお持ち帰りの感想な!」などといわれつつ家に上げます。

楽器屋だったので置いてあった弦のない胡(弦楽器)をスズキさんが弾いた瞬間に須藤の意識が13世紀の絞首台に乗った女性に飛んで、目の前にはスズキさんにそっくりなショt、もとい少年がいて、なんてところから話が始まります。

チャラい須藤君はどうでもいいんですが、このモンゴルに縛り首にされてたのがモンゴル兵がシュトヘル(悪霊)と呼んでいた元西夏の女兵士で、モンゴル族に時勢を読めずにあがらって臣従して、今は西夏攻めに加わっているツォグ族の皇子がユルール(スズキさん似の少年)です。彼は族長の幕僚に「遊牧民族なのに10歳にもなるのにあの調子では」なんていわれるような少年です。
「文字というものが生き物みたいで、それを書いた人が死んでも託された思いは100年200年後も残る、草原にはそんなものは無い、焼かれるのはつらい」ってので書物に入れ込んでる子です。
そんな調子だと族内で不味いので「お前は戦わなくていい」っていって庇いつつ、母親のとついで来た国の西夏に火をかけるのもためらわないのが異母兄のハラバル(虎の男)です

この3人が主人公的な感じで話が進んでいきます。

シュトヘルはウィソ(雀)って言われていた西夏国のトロい女兵士だったのですが、西夏の首都の興慶手前の霊州での防衛で、落城時に興慶へ仲間を逃がすために残ります。

結果として城門外で仲間たちは弩弓で城壁に張り付けにされ、城壁には西夏兵の血で描いた虎の絵が残されてます。言うまでも無くユルールの兄の虎の男の仕業です。

城壁に張り付けにされた仲間達の死体にはカラスや狼が集り、人の面影も無くなっていくのですが、結果として逃げたようになってしまったシュトヘルは今度こそは逃げずに死ぬ、と狼を打ち払うことを続けるうちに覚醒していきます。

そこに頭領格の大狼が頭の中に問いかけます

「めす猿よ、我々は食事を望んだだけなのになぜ仲間を殺すのか?」
「自分の仲間は餌じゃない、どう生きてどう死んだかも自分が覚えている」
「ならばお前が死んだあとは?」

といったところで死んだあとも残る文字って話につながるんですが。

なぜシュトヘルが敵国の皇子のユルールと一緒にいるのか、モンゴル兵の生き血を啜る悪霊と呼ばれるようになるのか、なんで絞首台に乗っていたのに話が続いているのか?

それは単行本買って続きを読んでください、人気なくて終わったら嫌なので・・・
LS面に薦めたら1巻古本で買って、そのあとすぐに続きが読みたいってので4巻まで買ってきたといってました。

正直なところ絵はうまいけど原作が付かないと今一、なんて漫画家な人は多いと思うんですが、今回オリジナルのこの作品ですが今一番続きが気になる漫画です。

amazonだと動画で上のくだりの部分の作品の紹介をしてたりします。

|

« 11/10 照英△ | トップページ | 11/27 突撃!隣のモグハウス Part1 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226337/43082498

この記事へのトラックバック一覧です: 10/28 シュトヘル(惡靈):

« 11/10 照英△ | トップページ | 11/27 突撃!隣のモグハウス Part1 »