« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月に作成された記事

10/7 10/8 プロマシアミッション 1-2「楼閣の上に」 1-3「母なる石」 その2

昔はアラ組んでつらい道中、道中で時間立ち過ぎて寝落ちで人が足りないとか、複数ジョブ育ててるなんて少なかったから、BF前でアラ崩してパーティー再編。
リーダー側は戦戦狩狩白白、もう一組はあまりジョブとか悲喜こもごもの酷いドラマがあったそうだけど今はかなり楽なんだそうだ。
というか実際やってみて1パーティーでもよほど下手うたない限り、サポレベルまででも良編成組めそうだし(サポ白、戦、忍あたりは誰でも育ててそうだし)、実際やってみて引退者の前評判を気にせずもっと早くやるべきだったかなと思った、人数さえそろえば。

各層のワープポイントの門番の光の球体(Memory Receptacle)はふっとばし攻撃をするのとStrayっていう雑魚を召還するので、ワープポイントの建物の柱を背に動かずにタゲ切り替えで叩く。大しててこずることも無く、絡まれても死ぬことも無くBF前へ。
所要時間は1時間弱、もかからなかったかな。

最初はホラだったのでボスはWreaker。
突入構成は俺(戦)、ぱらさん(忍)、肉さん(青)、ぺいさん(白)、Eさん(黒)、(白)だった、はず。
WSはシャドウスプレッド(範囲攻撃 睡眠+呪い+暗闇)、虚無の風(イレース)
ネガティヴワール(範囲攻撃 スロウ+180程度のダメージ 空蝉貫通)
三手吸引(単体対象技、強化系の効果を3つ吸収(食事・プロなど) 空蝉有効)

「ハイポとか無しで練習のつもりでいってみよう」ということで突入、そして死亡。
3割くらいまで削った覚えがあるけどやたらめったら硬い敵だという印象だった、勝てるのか?と疑問に思うほど。

実は食事はWSで吸われて敵が強くなるってのは気にしていたけど、いつものBFのくせで開始時プロシェルしたのを誰も気にしていなかっただけという・・・本当に固かった・・・

気を取り直して2戦目。
呪+暗闇+睡眠は聖水、目薬、服毒でおk。
回復役が通路に陣取って広間で前衛が戦ったけど2度目は楽勝だった。
ぱら忍→自分戦の蝉回しが、自分がサポ取り以来の戦士なのでモタついたけど。
敵HPが3割きるとWS連発するのだけど前衛持ち回りで弱体アニマ使っていたのでWS打とうとすると数秒呆けるので完封。
最後の追い込み前衛メインで足りるのかな、と思ったけど(よく狩とか黒とか入れてるので)プロマシアミッションも大分緩和されたそうなので普通に大丈夫なようだ。
マイティ+バーサク+シュトルムヴィンド等各自攻撃全然大丈夫だ。
状態異常回復の薬品とかは別として、イカロスウィングとかまでしないでも。ハイポも1本しか使ってないし。

まあそれでもやってる途中は必死なのでSS取り忘れましたとさ。
3gokuvon3_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/7 10/8 プロマシアミッション 1-2「楼閣の上に」 1-3「母なる石」 その1

相変わらずプロピクミンとして受身なのだが、プロマシアミッションをすることになった。
アトルガンミッションと空の土曜のLSで、「4章で礼拝堂前まで進めてみたら」というきっかけだったはずなのだが、なぜ礼拝堂前という理由を忘れた。

昔、「みんなではじめからスレ」でバハで始めた人間が残っていたころ、いずれみんなで行けたらいいってことで自分の分は三国プロミヴォン前の話までは進めていたのだけど、それからみんなインしなくなったからな。

プロマシアミッションといえば「LSでやるのは止めろ」だとか「絆崩壊コンテンツ」とかもっと端的に「糞」「河豚」とかいう世間の評判なのでさすがに緊張する。
最近は75の追い込み、クエやミッションのBFの無い部分の話の進行(アルタナクエ・ミッション、アトルガンミッション)等で結構時間一杯だったので金策もあまりしてないんで薬品代大丈夫かなってのもあったし。
「やーまー手伝うから」と周りが本人よりもノリノリなのできょうきょプロマシアミッションの三国を始めることとなった。

とりあえず三国ヴォンはフェローのタクティクスパール取り(虚ろなる闇の調査)とかでちょくちょく来ていたりしたのでアニマの材料とかはあるので制限レベルに応じた30装備を競売で買って各テレポ石へGO。

10/7はまずホラへ行くこととなった。自分とパラさんは前から話を聞いていたのだが、当日に肉さんもいくこととなり現地集合。
なんと自分ら3人以外に護衛で4人+どういうツテなのか知らないけど(他の人のサルベ?エイン?の知り合い)あと1人が4垢!という大人数である。
ただし9時集合のはずが10時になって最初から不穏な空気が流れていたw

説明すると三国テレポ石の周りにある壊れたクリスタルを調べることによってレベル30制限エリアのプロミヴォンホラ・デム・メアに入れる。
4層?にわかれていて、各層のワープ箇所が当たりはずれがあって、ワープ箇所に門番の球体がいるのでそれを倒していってBC前到達という手順だ。
1層はソロでもタクティクスパール取りに来るので竜/踊で余裕だけど(というかかなり竜は向いていると思う)、2層当りから厳しい。

3gokuvon3gokuvon2 サポレベルなら赤も忍もあるけど、それぞれ30レベルでは劣化白、劣化戦なので戦士で出撃。
レベル制限装備は自分で前日買っていたけどそれよりよいカンプフ装備一式をじゅんさんに借りた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/3 アトルガンミッション22 特使の御盾

Tokushi1_2 今回のアトルガンミッションはウィンダスの特使シャント・・・もといカラババ様の観光視察の護衛である。
ナバゴ処刑場にまで出向く護衛で、これもイベントムービーでBFは冒険者だけなのだろうと思っていたら中でも一緒というサービスだ。

アトルガンミッションを進めるための土曜のLSの人も合流してBF前で今回は7人になった、あるぇ?

メンバーはうちから俺(竜)、ぱらさん(赤)、ぺいさん(白)
ぺいさんのフレのいつものまりさん(モ)、あちらのLSからあつさん(忍)、はるさん(ナ)、Tさん(侍)。

Tokushi2_2   6人編成で待って2回は時間が掛かるというのでこちらが俺(竜)、ぺいさん(白)、まりさん(モ)、はるさん(ナ)となった。アラ組んだままなのだけど、別々に同時に突入。

敵は合成獣のキマイラ13。
4人ということもあってHPが範囲食らったときは結構厳しいものがあったのだけど他の3人のおかげでなんとか倒した。
BF中はカラババ様も古代やら精霊やらを連発するのだけどキマイラがでかすぎて正直なところ見えなかった、自分もあっちもタルだし・・・

無いものねだりなんだけど竜もピンチのとき他者を支援するような技が無いのでもどかしいってのがある。
竜剣ジャンプ、ハイジャンプくらいか、これはこれで凄いのだけれども。
火力こそが支援という感じだとプロマシアいった時の戦士のマイティバーサクシュトルムとか。竜はソロも突弱点の敵相手のレベリングとかはいいのだけれど。
メリポ振ってアンゴン早く取りたいところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/6 トゥー・リアの極光(オーロラ)

Aurora 肉さんとじゅんさんとともに空へスキル上げと潜在消しに来た際。
着くとこの光景が。

オーロラ背景に光連携。

Aurora2 サンドリア万歳。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/10 リューサンが75になったよ

アルタナ、アトルガン、プロマシア並行進行というスケジュールのため、ゆっくり目立ったのだけどおかげさまで竜騎士が75になりました、めでたい。

そしてヴァラーで74になりました;;

うーん時間なくて金策できないから装備が70くらいのままだ。
メリポの振り方としまむらな装備の組み合わせを考えないといけないなぁ。

とりあえず自力の底上げということで槍メリポ2段振りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/2 タルタルリューサン推奨しま~す

ChiruneC先生がマートに勝った。
最近見てなくてたまたまインしてたから用もないけどTellしたら「ポオポネックレス売ってねーよ」とのことでピンと来て聞いてみたらマートだったようで。ブリングバンドやらもろもろ貸したり。
無事1度で勝ったようだ。俺とは大違いだ。

今のLS入る前のフレとかは、初めてすぐのころからの付き合いだったので桃園の誓いっていうか竹馬の友というかなんというか。「死んだ;;」「ざまぁwww」ってのが通じるというか。

俺はレベル上がるの遅いから同じころに始めたみんな先行してたんだけど、そうすると三国やらAFやら借りた分の貸しを返せずに、先に自然にフェードアウトしてたりとかして。
半年少々であんなにガッツリ減ることもないだろう・・・

今クエやらミッション進めてることが多いから一緒にできてたらいいのにって思うわ。

ガリなんて呼ばれていたころと違ってリューサンも槍アタッカーとしてMMMやコリブリに誘われるから復帰することがあったらマジオヌヌメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/26 アトルガンミッション15 漆黒の柩2/2

Cofin01

今回のBFの始まりははアラパゴ暗礁域の沈没船の一つの上から。
イフラマド金貨を沈没船の上に現れた亡霊の渡し守に渡すと沖合いのアシュタリフ号に渡してくれる。

Cofin02 幽霊船上で恐ろしい気配を感じたので、その場に現れた傭兵仲間のゲッショーと一緒に体勢を立て直しにいったん戻るの図。

Cofin03 さてムービーから戻りBFのブリーフィング時間。
今回のパーティーメンバーはLSから
俺(竜)
ぺいさん(白)
ぱらさん(赤)
れいさん(赤)。
LS外から
まりさん(モ)
今回のアトルガンミッションやら空活動LSから引率のBさん(忍)
の6名。
BFは中断無しの2連戦で相手の構成はもちろん海賊で、最初にまあお約束なんだけど
「お前たち痛い目にあわせてやんな」みたいな感じで船長がけしかけて雑魚5体が来る。

これはこっちから手を出さない限り手を出してこないので、まず開幕赤/忍のパラさんが5体引っこ抜きマラソン。同じく赤のれいさんがパラさんのサポート。
画面のスタートの場所の甲板から階段を上って上甲板のほうに逃げる。
その際、前衛3人組とNPCのゲッショーは1体づつ各個撃破する。白のぺいさんが前衛組みをサポート。

Cofin04_2Bさんが忍者なのでメイン盾兼ターゲッター、まりさんがサブ盾、俺は殴るだけ^^
自分たちは各個撃破のほうなので移動しないんだけど、後ろを走り回る赤二人が見えて、マラソンで上に行ったり下に行ったりしていて、他のBF戦の演出と違ってスピード感あるいいBFだなとか思った。
海賊映画っぽいね。

Cofin05 雑魚が全滅すると2段階目の敵が間髪いれず襲ってくる。
ここは一体残して落ち着いてやってもよかったのかもしれない。

ボスのHPが少ないので2戦目は真っ先にボスを狙うのがセオリーのようだ。

ただし敵がすぐ沸いたのでBさんがボスをタゲったのはいいけど全部敵がそっちに行ってしまったw

「ちょw赤さん何体か引き抜いてwww」ってのがあったけど、その後は抜群の安定感で危なげなくクリア。ボスのHPを2割まで削ればいいらしい。
結構攻撃が早くて蝉がすぐ剥がれるってのと、WSで事故死があるかもしれないなんてのが他のサイトには書いてあるけど、たとえそれでも押し切れるようだ。

アトルガンミッションも悪名高きプロマシアの後だからなのか、NPCがコント仕立てだったり、BFも6人いればレベル上げ構成でいける難易度だったりとユーザーフレンドリーかななどと思った次第。次も楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »